読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YouTube君のblog

YouTube Amazon Googleマップ じゃらん

アリス・イン・ワンダーランドを思い出せ!(伝説の美少女)

アリス・イン・ワンダーランド覚えてる?当然覚えてないよね^^

私も覚えてない! なのでみなおしてみたよ。

子どもの時に体験した不思議の国ワンダーランドでの記憶をすっかり失くしていた19歳になったアリス。

ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズされたアリスは、チョッキを着た白うさぎを目に止める。

その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまった。 辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランド。

白うさぎやこの世界の奇妙な住民たちはみな彼女の帰りを待っていた。 アンダーランドは今や独裁者・赤の女王に支配された暗黒の世界で、アリスこそが年代記が予言する救世主だったんだ。

  • そして、そんなアリスを誰よりも待ちわびていたのが、赤の女王への復讐を誓うマッドハッターだった。

ワンダーランドは実は幼少のころの記憶違いでホントはアンダーランド(地下世界)、ずっと夢の中だと思っていたこの世界は、現実に存在するんだという記憶を取り戻す。

周りの人によって仕組まれた結婚や、アンダーランドでの預言の書からも逃げ出したりと自分で何も決断できなかった少女アリス。

マッドハッター始め沢山の仲間から励まされ、やがて自分の意思で判断し、運命は自分で切り開くものだと悟り、大人の女性へと成長していくストーリーなんだ。

「私おかしいのかな?」 「君はおかしい。でも、おかしい人は皆優れている。」

かつて父の言葉で救ってもらったようにマッドハッターにもこの言葉で彼を救うシーンは印象にのこる。

もちろんティムバートンが描く原作に忠実で、しかも独創的な世界観は見事だ。 華やかな中にも毒を盛り込んだような演出があるね。

体が大きくなるケーキや小さくなる飲み薬、トランプ兵やチェシャ猫たちも原作同様、不気味でありながらもどことなく可愛らしい存在だし。

にしても、赤の女王の暴君ぶりにはおどろくね!

さいごはアリスと赤の女王が戦うんだけど、アリスが剣とヨロイを着てるんだ。 チョーかっこいいぜ♪

  • というわけで待望の続編は、どこまで成長したアリスを見ることができるのか?

  • マッドハッターはどうしてしまったのか?

  • 今回もあの不可思議な踊り、ファッターワッケンはお披露目されるのか!?

「不思議の国のアリス」をモチーフにした前作「アリス・イン・ワンダーランド」から早6年、今回は「鏡の国のアリス」をモチーフにした訳だけど、やっぱりストーリーは全く違うね。

映像美術や演出に関しては、素晴らしく良く出来ていて、時計の針が橋になっていたり、不思議の国の時間を管理する部屋など、面白くて監督はジェームズ・ボビンに任せたとはいえ、さすがティム・バートンって感じだったなー

広告を非表示にする